結婚の挨拶で彼女の親と会った時の体験談!

彼女に初めてお義父さんを紹介されたのは病院の病室でした。当時、彼女のお父さんは入院中でした。それまで一年近く彼女とつきあってきましたが、まったく会ったことがありませんでした。二人の結婚の意思が一つになった日「パパに会って」という彼女に連れられて病院を訪ねたのです。

彼女とお父さんは大変に仲良しで、私との付き合いについても逐一報告していたようで、病床のお義父さんは「おー君か、娘をよろしく頼むよ」と言いながら握手を求めてきました。

ちょうどそこに彼女のお母さんも来たので、思いがけず両親への結婚の挨拶があっさりと終わったのです。

彼女の親に会って、結婚の挨拶をする時の緊張や難しさを解決するには、相手の両親に対する情報量だと思います。事前に自分自身の情報を多く知ってもらい、ある程度のイメージを持ってもらえることが大切です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です